コラム

お葬式での知っておきたい大人から子供までの男女別服装マナー

お葬式での知っておきたい大人から子供までの男女別服装マナー

お葬式での服装というと黒の礼服です。喪家側では正式礼装を着るのが基本とされてきましたが、近年の場合、男性は通夜、葬儀・告別式には黒のスーツ、女性でも洋装が主流になってきています。

そんな男女別での服装のマナーに関して、詳しく説明していきたいと思います。
細かいことではありますが、避けておくべき常識的な部分もございますので、いま自分の服装が正しいものなのかどうか、今一度しっかりと確認をしておきましょう。

男性の正式礼装

和装……黒羽二重、五つ紋付きの羽織と着物

  1. 長襦袢は白かグレーもしくは茶色
  2. 袴は仙台平か博多平
  3. 羽織は紐(ひも)、足袋は白
  4. 帯は博多、紋付きの角帯
  5. 履物は畳地の草履で鼻緒が黒い物

洋装……モーニング(通夜は夜なので黒のスーツ)

  1. 上着、ベスト、ネクタイは黒
  2. スラックスは黒かグレーの縞
  3. 靴、靴下は黒
  4. ポケットチーフは外す

男性の略式礼装

上下黒、またはグレーのスーツが一般的です。ネクタイ、靴下、靴は黒でまとめておけば問題ございません。シャツに関しては白が基本となっていますので、間違っても柄物やカラーシャツは着ないように注意が必要です。

下記に略式礼装で気をつけたい部分をまとめていますので、最低限は確認しておきましょう。

  • スーツはシングルかダブル
  • シャツは白が基本。カラーシャツ、ストライプ、柄物は避ける
  • ネクタイは黒無地で結び方に決まりはない
  • ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは身に着けない
  • 靴下は黒無地が基本。柄物は避ける
  • 靴は光沢のない黒でスエード、金具が付いている物は避ける
  • 殺生を連想させる毛皮のコートは避ける
  • 結婚指輪、腕時計以外のアクセサリーは避ける

女性の正式礼装

和装……黒の無地の五つ紋付き

  1. 帯揚げ、帯締めは黒
  2. 長襦袢、半衿、足袋は白
  3. 履物は黒の草履

洋装……黒のワンピースかスーツ

  1. スカートの長さは膝下
  2. 靴、ストッキングは黒
  3. バッグは黒。ボタンやバックルが光るものは避ける
  4. 結婚指輪、腕時計以外のアクセサリーは避ける
  5. 夏は半そででもかまわないが、ノースリーブは不可

女性の略式礼装

黒か地味な色のワンピース、スーツが基本となっており、靴、ストッキング、バッグは光沢のない黒を選びましょう。もし喪主を手伝う場合などは、地味な色の動きやすい服装でもよいと言われています。

また女性に関しても、下記に略式礼装で気をつけたい部分をまとめていますので、失礼がないように確認をしておきましょう。

  • スーツ、ワンピースは地味な色でシンプルな物
  • メイクはナチュラルに、マニュキアも目立たないものを
  • 髪は黒が望ましいが、急な場合は髪を後などでまとめる
  • パールのネックレスを身に着ける場合は1連。2連は重なることを嫌う弔事では厳禁
  • 夏でも肌を露出させる服装は避ける
  • 素足ではなく必ずストッキング(黒色、肌色)
  • 靴はミュール、サンダル、エナメルなどの光沢のある靴を避ける
  • 香水は控える
  • バッグ小物類は小さく地味な布やカーフの物が基本
  • 光沢のある物を身に着けるのはNG

子供の礼装

子供が参列する場合の服装は、制服があればその制服が基本となっています。無理に着飾る必要はありません。
もし制服の無い場合に関しては、下記に注意点をまとめていますので、参考にしていただけると幸いです。

男の子の場合

  1. 黒、紺、茶などの地味なジャケット
  2. 白シャツ
  3. 黒のネクタイ
  4. 黒か白の靴下
  5. 光沢のない黒い靴

女の子の場合

  1. 黒系の地味なワンピース
  2. 白のブラウスに黒のスカート
  3. 黒か白の靴下
  4. 光沢のない黒い靴

注意点

制服があれば制服を着用し、もしまだ制服がなければ黒と白でまとめましょう。その際に気をつけたいのが黒の配分を多くするように服を選ぶこと。
また女の子の場合は、髪留めにも注意が必要となってきます。赤やピンクのゴムや派手な色の髪留めもNGとなりますので注意しましょう。

最後に

近年、男性の方では紋付、モーニングを着ておられる方は減ってきており、喪主の方でも黒のスーツを着ておられることが多いです。女性の方も着物を着ておられる方はかなり減り、喪主の方でも洋装が多くなってきています。
また、スーツでもスカートではなく、高齢の方などはパンツを履かれている方も多く見られます。

参列されている方を見ると礼服といった物ではなく、黒の服を選んで着てこられたというようなデザインの物を着ておられる方も多く、礼服だと逆に浮いてしまうこともあるかもしれません。

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談