コラム

お葬式を滞り行う為の一般的な流れ 火葬場やお坊さんの手配など

お葬式を滞り行う為の一般的な流れ 火葬場やお坊さんの手配など

大切な人が亡くなった後、どうすれば良いのか分かっているようで、分からないことがたくさんあるのではないでしょうか?準備ができそうで、できない葬儀の段取りについて解説いたします。

通夜までに行うこと

臨終までに準備しておくこと

突然の事故や災害などで亡くなる以外は、たいていは病院で臨終を迎えることが大半です。危篤状態と言われる期間が少なからずあるので、医師から宣告を受けた時には、心苦しいですが、葬儀に関しての準備をしておきましょう。

まずは葬儀の場所をどこで行うかを決めましょう。昨今、葬儀社に依頼する人が多いようですが、場所には地域性もあり、住居のある公民館を借りて行うのか、葬儀社に依頼するのかとなっています。

公民館の場所を借りたとしても、葬儀に関しては葬儀社にお願いする形になるのですが、公民館を借りる手配は遺族が行わなければなりませんので気をつけましょう。また公民館を利用する場合には、亡くなった後に着てもらう衣服の準備が必要となっていますので、その準備も忘れないようにして下さい。

葬儀社で行う場合は、湯灌(ゆかん)(※ご遺体をお風呂に入れる儀礼)をしてもらえる施設も多いので、湯灌後に葬儀社で白装束を着せていただけます。一般的に準備する衣服としては、浴衣タイプの寝衣を準備することが多いです。ご存命中にお参りされ、袴などを準備されている方、自分で白装束を準備されている方など、何をどのタイミングで着せてもらえばよいのか、段取りはしておくといいでしょう。

公民館で行う場合は病院でエンゼルケアをしてもらう際にお願いすれば着せてもらえますので、臨終の際には病院に衣服を準備しておきましょう。

また、互助会に入会しているかどうかの確認も必要となっています。もし互助会に入会している場合は、冠婚葬祭の施設に毎月積み立てを行っているはずなので、互助会に入っている葬儀社があれば、病院からの移送からその葬儀社に依頼することができます。

臨終後に行うこと

臨終後、病院でエンゼルケアといって、治療で必要であった物を外し体をきれいに拭いたり着替えやお化粧をしてもらえるサービスがあります。
この時に着替えやタオルが必要となりますが、入院中に持参している物を使用することができます。しかし、その際に着せてもらいたい服がある時はその旨を伝えるようにしましょう。

病院の施設によりますが、霊安室がある施設もあります。霊安室を使用するにも料金が必要となりますので、臨終後にはどこにご遺体をお連れするのかを決め、互助会に入会されている方は葬儀社に連絡をするようにしましょう。

もし互助会に入っていない方は、病院の方で葬儀社の案内をしてもらえますが、個人病院などであれば、ご遺体を搬送してもらう葬儀社が決まっているので、そちらに病院の方から連絡をしてもらえます。葬儀をそのままお願いすることもできますし、ご遺体の搬送だけをお願いするといったこともできます。

葬儀社に連絡すると、たいていは深夜であっても1時間前後でお迎えに来てもらえますので、霊安室を使用せずに済むことが多いです。施設によってはすぐに霊安室に入ってもらうということもありますが、私の経験上、料金も必要となっていますので、無理強いされることはありませんのでご安心ください。

亡くなった時間や友引などの関係で通夜、葬儀・告別式の日にちによって亡くなった当日が仮通夜になる場合もあります。その際には一時、自宅にご遺体をお連れすることもできますし、葬儀社にそのままご遺体をお連れすることもできます。故人の想いや遺族の意向で決めるようにしましょう。

ご遺体が安置されてから行うこと

病院からご遺体を搬送し、通夜までの間は「枕飾り」を整えて安置されることになりますが、枕飾りは葬儀社の方で準備をしていただけます。

安置されてから行うことですが、まずは葬儀の段取りを葬儀社の方と相談して決めていきましょう。もし菩提寺がある場合は、遺族から連絡を入れるかどうかを葬儀社の方と相談し、そして細かい内容を決めていきます。火葬場の使用状況などに関しては、葬儀社の方が把握されているので、その時間により、通夜、葬儀の日程、時間が決まることになります。

その後、葬儀の内容について細かく決めていき、御棺・祭壇・骨壺・位牌・遺影・供物・通夜ぶるまい・精進落としの料理まで決めていきましょう。

遠方から親族が来られる時には部屋を借りることもできますし、通夜、葬儀のお知らせも葬儀社から連絡票をいただけますので、今後の段取りについてしっかりと説明を受けましょう。市民葬などの行政の補助を受け、葬儀を行う場合は死亡届、市民葬の申請をし、火葬許可証を行政からもらうのも遺族が行います。受付は24時間行っており、夜間でも受け付けてくれます。

葬儀社で行わず自宅や公民館で行う場合でも、ご遺体を安置してから葬儀社と同じように細かい内容を決めていくことになります。

葬儀の打ち合わせの内容について

喪主、受付、会計、接待、僧侶案内などの係を決め、役割分担の確認を行っていきましょう。
弔辞奉読を行う場合は、誰にお願いするかを決め、会葬者数を予測し、接待用飲食、会葬御礼、香典返しなどの数量と内容を決めます。必要な費用を見積もり、現金を用意し、葬儀費用については後日支払いができますが、お布施や戒名料、御車代、心づけなどは現金を包み袋に準備をしてきしましょう。

通夜当日から通夜開始まで

通夜当日は納棺をしますが、葬儀社で行う場合はそれまでに湯灌をし身繕いもしてくれます。着物については葬儀社で準備してもらえますが、故人が好きだった着物、洋服でも問題はありません。その後はご遺体にメイクをしていただきましょう。

仏教葬儀の場合、僧侶に枕経を読経していただき、遺族もご遺体の前に控え一緒にお弔いをします。読経が終わったら、僧侶立ち合いのもと、近親者でご遺体を棺に納めます。

納棺後は、祭壇など通夜式の準備をされます。その間、遺族はいろいろと聞かれることもありますが、比較的、自由な時間が持つことができます。必ず誰かがいなければなりませんが、交代で対応することも可能ですので心が落ち着かないなどの場合は、交代してもらいましょう。その際には何時までに斎場に戻っていればよいかを確認だけはしておきましょう。

供花は通夜の行われる斎場に直接届けられますが、その際に誰から贈られたものかを記録しておく必要があります。なぜなら供花は花輪、花籠一基ごとに送り主の名札板を付けるのが一般的となっており、配列順序には注意が必要だからです。

基本は故人との関係の深さから喪主→遺族→親戚→友人、知人→関係企業→団体の順に配列し、遺族が立ち合い、指示する必要があります。その際、贈り主の社会的地位なども考慮する必要はありますが、著名人や公職にある人だからと言っても遺族、親戚より上位には配置しません。一基ごとに名札を付けず、芳名板を設けて贈り主の名を一括掲示する方法もあります。この場合は五十音順に配列するのが一般的です。

礼状、供物の内容、数量などに間違いがないかを確認し、受付は混乱しないように、故人との関係によって複数作りましょう。

通夜の流れ

喪主を筆頭に故人と血縁の濃い順に祭壇、棺に向かって右に着席するのが一般的となっておりますが、宗教、宗派によって席の配置は異なることがありますので、その時々での対応をするようにしましょう。

通夜が開始されるとまず僧侶が入場されるので、参列者は合掌してお迎えするようにしましょう。そして僧侶の読経が行われ、読経の途中から遺族、親族が順次焼香を行っていきます。遺族は焼香後、会葬者に立礼の場所へ移動し、次に会葬者の焼香が行われます。一通り会葬者の焼香が終わると、僧侶から故人を悼んで法話・説教があり、通夜の法要儀式は終了となります。その後は喪主から挨拶、謝辞を述べ、通夜振る舞いの席へ移りましょう。

通夜振る舞い

通夜の弔問では長居をしないのが礼儀とされていますが、飲食接待はしなくても問題はありません。一般的にオードブルや鮨など簡単につまめる料理で接待をしますが、持ち帰りできるような折り詰めにする場合もあります。一般の弔問客と遺族、親族、近親者の席とを別に設けることもありますが、最近では一般の弔問客が通夜振る舞いに残られるのことは少なくなっています。

棺守り

通夜は本来、翌日の葬儀・告別式まで夜通し故人に付き添い棺を守る為のものですので、遺族、近親者は交代で祭壇の灯、線香を絶やさないようにします。

最近では、火の始末などの関係で、夜間はろうそくの形をした電気を使ったり、線香もたかないという葬儀社も増えています。核家族になり、夜間棺とともにいらっしゃる方が少なくなってきている為かもしれませんが、葬儀社の方が担当してもらえるところもあります。線香もうずまき状の長時間用のものを使用されるので、遺族の方も休みやすくなっていますので安心できます。

葬儀・告別式

通夜の翌日の日中に葬儀・告別式を行います。お葬式と呼ばれるものです。

葬儀

葬儀は故人の死を悼み、仏や神に祈る宗教儀式です。信仰される宗教によって行われます。ほとんどが仏式で行われていますが、仏式といっても宗旨宗派によって違います。

告別式

告別式とは、故人と最期のお別れをする社会的な儀礼です。葬儀に引き続いて、棺を閉じる「石打ち」前に故人に別れを伝え、ご遺体に「別れ花」を行うことが告別式にあたります。

出棺

出棺とは、ご遺体を納めた棺を霊柩車に乗せ火葬場に向けて運ぶことです。霊柩車には喪主が位牌を持って同乗するのですが、火葬の会葬者が多い場合はマイクロバスの手配が必要となります。

葬儀・告別式の流れ

葬儀では弔電が紹介されますので、葬儀が始まる前に送信者を確認し、漢字にはふりがなをふっておくようにしましょう。電文と氏名を読み上げるのは1~3通が一般的ですので、事前に何通かを選んでおくようにしましょう。それ以外は氏名のみのご紹介となりますので、紹介順序も決めておき、確認・整理ができましたら、弔電は司会者に渡すようにしましょう。

定刻になると受付を開始しますが、基本的に要領は通夜と同様となっていますので、通夜で行ったことはしっかりと覚えておく必要があります。

葬儀が終了すると告別式に移ります。葬儀社の方が棺を祭壇の前に移動され、供花を短く切って準備をしてくれますので、喪主から故人と血縁が濃い順に、一般の会葬者も一人ひとり供花を棺に入れていきましょう。白い花を顔の周りに、色のある花は肩から下に入れるようにします。燃える物は入れることができますので、故人が気に入った物などを棺に入れていきましょう。

出棺

出棺は式場から棺を霊柩車に運びだし、棺は近親者の男性数人の手で持つように行います。
棺の乗車口を開けた状態で喪主、遺族が会葬者に謝辞・お別れの挨拶を行いますが、司会者の方がされることが多いくなっています。その後は霊柩車の扉が閉められ、長いクラクションとともに火葬場へ向かうことになります。

火葬・骨上げ

火葬場につくと火葬炉の前には、祭壇が設けてあるので、位牌、遺影、花を飾りましょう。
棺の窓を開け、故人にお別れをしますが、僧侶が同行されている場合は、野辺送りの読経をしていただけますので、その際には会葬者は合掌をするようにしましょう。火葬には東京都内では40分程度という早い火葬場もあるようですが、全国的には1~2時間程度かかります。火葬時間は火葬炉の性能やご遺体の体の大きさによっても異なりますので、火葬中は控室などで待機し、その間は自由に過ごすことになります。

骨上げ

火葬が終わると火葬場の係員から連絡が届くので、その後は拾骨室でお骨になったご遺体を会葬者全員で囲みます。骨箸は長さの違う竹製と木製の箸を1本ずつが一組になっており、地域によっては色が違ったりする場合もあります。係員から骨の部位についての説明があるので、指示に従い、足から順に骨壺へ収めるようにし、骨箸から別の骨箸に箸渡しをして骨壺に納めていきます。

骨上げが終わったら、骨壺に納められた遺骨と、火葬済印の押された埋火葬許可証を受け取ることになるのですが、埋火葬許可証は納骨の時に必要になりますので、紛失しないようにしっかりと管理しておきましょう。

還骨法要、繰り上げ初七日法要

骨上げ後は、葬儀式場や寺に戻り、「後飾り祭壇」に遺骨、位牌、遺影を安置して、僧侶に読経・供養してもらいます。これを「還骨法要」と言い、お骨になって帰ってきた故人を追悼する儀礼です。

骨上げ後の「還骨法要」に引き続いて、「初七日法要」を行います。「初七日法要」とは本来故人が亡くなった日から7日目に行う仏教葬儀では大事な法要ですが、最近では葬儀・告別式と併せて行うのが一般的になっています。

仕上げ・精進落とし

「還骨法要」と「繰り上げ初七日法要」が終わると会食の宴席を設けましょう。僧侶や世話役はじめ、葬儀でお世話になった方々を招き、お礼や労いの為に催します。僧侶は多忙の為、出席されないことが多いので持ち帰り用の料理を用意し、お布施、御車代とともに渡します。会食の仕出し弁当などを手配するのが一般的です。

自宅でも「後飾り祭壇」を

自宅にも「後飾り祭壇」を整える必要があるのですが、基本的には葬儀社のほうで準備をしてもらえます。

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談