コラム

回忌法要を執り行う際に気をつけたい細かなマナーや作法

回忌法要を執り行う際に気をつけたい細かなマナーや作法

法要とは故人が成仏できるように遺族が供養する仏教儀式です。法事と法要の違いは法要とは仏教用語で故人を供養することで、「故人を偲び、冥福を祈るために営む」故人への感謝すると意味をもっており、法事とは法要と会食を合わせたものをいいます。

法要の種類

初七日から四十九日までの法要を追善法要といい、四十九日法要後、節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要といいます。

年忌法要の種類、行う時期

  • 一周忌……満1年目の命日
  • 三回忌……満2年目の命日
  • 七回忌……満6年目の命日
  • 十三回忌……満12年目の命日
  • 十七回忌……満16年目の命日
  • 二十三回忌……満22年目の命日
  • 二十七回忌……満26年目の命日
  • 三十三回忌……満32年目の命日
  • 三十七回忌……満36年目の命日
  • 五十回忌……満49年目の命日

宗派によって異なりますが、三十三回忌、五十回忌が弔い上げとなります。

法要の内容

一周忌、三回忌では遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶による読経のあと、一同で焼香を行ったのちに会食を行います。四十九日法要、一周忌、その一年後に三回忌法要があるので、亡くなった後、二年間は法要が続きます。

七回忌の頃から、法要の規模を縮小していき、遺族、親族のみで供養するのが一般的と言われており、十三回忌からは遺族のみで供養すると言われております。また十七回忌、二十三回忌、二十七回忌は省略される場合もありますので、覚えておきましょう。

そして三十三回忌は先述していますが、弔い上げといわれており、仏教では死者は三十三年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。こちらに関しても遺族のみで行うようにして下さい。

仏壇から戒名を記した位牌を片付け、これ以降は「○○家先祖の霊」の位牌を祀ります。地域によっては五十回忌をもって弔い上げするところもありますので、お住いの地域で弔いあげについて調べておくことも必要です。

法要時の服装

遺族は三回忌まで基本は喪服、七回忌からは略式喪服や地味な色の服装で問題はありません。また参列者は一周忌以降の年忌法要の場合は略式喪服か地味服装が望ましいですが、七回忌以降は地味な服装であれば平服でも大丈夫です。

法要の準備

四十九日法要と同じように、日程・場所・引出物・食事の手配をします。日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行われる場合が多く、引出物の金額の目安は2000円から5000円が一般的です。

法要に呼ばれた場合

案内状や、お知らせを受けたのであれば、なるべく都合をつけて参列するようにしましょう。都合がつかない場合はお詫びの手紙を添えて、現金書留などで御供物料を送るか、御花や果物などのお供え物を送ります。その際に、欠席理由を明確にしないこともマナーと言われていますので気をつけましょう。
また、御供物料の金額の目安は5000円から10000円と言われておりますが、食事がふるまわれることも考慮しておきましょう。

仏教以外の法要

神式の法要、キリスト教式の法要、無宗教の法要は仏教の法要とはまた違った形となっています。
間違った法要を執り行わないように、遺族の宗教に合った法要をしっかりと執り行うようにしましょう。

神式、神道の法要

神式は、霊祭(れいさい)と呼ばれており、一般的に自宅やお墓の前で行います。
葬儀の翌日に翌日祭、亡くなった日から十日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭と続き、五十日祭に忌明け、仏教でいう四十九日法要にあたり、五十日祭の翌日に「清祓いの儀」を行います。百日祭のあと、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭となります。

キリスト教の法要

キリスト教にも仏教の法要と同じような儀式はありますが、キリスト教においては、死ぬことは神のもとに帰ることであり、悲しいことではないと捉えられているので、故人を思い出すためや、自分自身のけじめのために行います。

カトリックの場合は、追悼ミサという儀式があり、聖歌の斉唱や祈祷、聖書の朗読などが行われ、その後は教会や自宅で茶話会が開かれます。このミサは故人の死後三日目、七日目、三十日目に行われ、教会に親族、友人、知人などを招きます。
また一年後の命日に死者記念ミサを行いますが、これ以降は特に決められたミサはありません。

プロテスタントの場合、追悼ミサではなく記念集会とよばれ、記念集会は自宅や教会で行われます。故人が亡くなってから一か月後の命日に行い、牧師や親族、知人、友人を招いて祈りを捧げ、礼拝のあとは追悼のための茶話会を行われます。一年目、三年目、七年目の命日にも追悼の記念集会が開かれますが、それ以降は決まった集会はなどはありません。

無宗教の法要

形式にとらわれず、思い思いの形でとりおこなうことができます。故人の好きな音楽をかけたりしながら、食事の席を設け、皆で故人を偲ぶといった形です。法要の時期は決まりがないので、命日に集まる方が多いです。家族でどのように供養するかを相談することができ、家族らしい供養を行なえます。

どんな形であっても故人を偲び、思い出すことが何よりの供養になるのではないでしょうか。

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談