コラム

葬式にはどれくらいの費用がかかるのか、種別ごとの費用解説

葬式にはどれくらいの費用がかかるのか、種別ごとの費用解説

一般的な葬儀費用はどれくらいかかると思っておられますか?100万円から200万円程度と言われています。近年、家族葬など低価格で葬儀を行うこともできます。具体的にどれくらいかかるのか調べてみました。

また一般的な金額との比較のために、縁がご提供するプランも記述させていただいてますので、一緒にご確認くださいませ。

葬儀費用の内容は?

葬儀費用の内容には3つの内容があり、「葬儀一式費用」、「飲食接待費用」、「寺院費用」に分かれています。

葬儀一式費用の内容は祭壇、御棺、ドライアイス、斎場使用料、火葬料、人件費などとなっており、飲食接待費用の内容は通夜ぶるまい、精進落としなど、寺院費用はお布施、心づけとなっており、全国平均で121万円、飲食接待費用は30万円、寺院費用は47万円、合わせると約200万円程度になります。

また葬儀一式費用を具体的に見ていくと、亡くなった場所から葬儀を行う場所までの移動する車の料金が5000円程度、遺体の腐敗を抑えるためのドライアイスが数回必要で1回に5000円程度かかります。

さらに御棺についてもランクがあり、5万円程度の物から最高では200万円程度のものまであります。

祭壇は仏式では30万円、50万円、80万円程度で、生花祭壇は40万円、神式では45万円、70万円程度です。

霊柩車は4万円、7万円程度で、普通車は2万円程度ですが、洋型は7万円程度です。遺族が乗るハイヤーは3万円程度、マイクロバスは4万円程度かかります。

遺影は2万円程度で、通夜や葬儀の供養に入っている二つ折り礼状100枚で7000円程度かかり、立て看板が2万円程度かかり、提灯に5万円程度、火葬料3万円程度、骨壺が1万円程度。

親族一同と書かれた供花が2万円程度、供養は参列された人数分必要となり、通夜、葬儀ともに必要で300円程度の物からあります。

飲食接待費用とは、親族の食費や部屋を借りるならそれにも使用料がかかり、精進落としは1人4000円程度の人数分がかかります。

一般的な葬儀費用は200万円程度かかる

縁のお葬式プランなら650,000円(税込み)でご案内

「定額葬儀 縁」なら通常別途請求となるご安置料金や、葬儀場利用料金、火葬料金、生花祭壇、ドライアイス等といった、物品・サービスを全て含んだ総額650,000円で一般葬が行え、追加料金一切不要で、また必要な物が全て揃った状態でお葬式を行うことが可能となっております。

また縁からの寺院紹介なら160,000円からとなっていますので、ご負担を抑えることもできます。

プラン内容・詳細などはコチラをご覧ください。

各市町村で利用できる葬儀プランについて

各市町村で申請すれば、葬儀一式を13万円程度で行うことができますが、市町村に在住しているなどの申請基準がありますので、利用する際は事前に調べて置く必要があります。

こちらは安価で葬儀を行え、基本プランが13万円程度でオプションで追加をすることもできますが、市民葬は利用できる祭壇や御棺など決まっているのでご注意ください。

各市町村の市民葬を利用すると安価で葬儀ができる

最近、多い家族葬について

高齢化社会になり、ご高齢で亡くなる方が多くなったためか、参列していただく方も高齢でお知らせするのもどうかと思われる方も多く、また、若い世代では無宗教ということもあり、最近では家族葬で葬儀を出される方も増えており、家族葬だけを執り行っている葬儀社も増えています。

家族葬では、葬儀社により異なりますが、通夜、告別式を行わず、火葬、直葬では18万円程度で、参列者、親族を合わせて30名以内であれば48万円程度、100名以内であれば65万円程度となり、市民葬を利用し、参列者が50名以内であれば、50万円程度で葬儀を行うことができますが、記載されていないオプションなどを含めると更に20万~30万が上乗せされた金額となります。

縁の家族葬ならオプション込みでご案内

他社で格安の家族葬プラン等には、追加不要なしの総額と掲載されていても、いざご相談・お見積りされた際に、物品やサービスが別途扱いにされていたり、葬儀を行う場所によっては「葬儀場利用料」や「火葬料金」が別料金扱いになり、当初掲載されていた総額と全く違う金額を請求されることがあります。

「定額葬儀 縁(えにし)」はお坊さんが運営していますので、本当に必要な物品・サービスを揃えております。

当社の家族葬プランは、通夜や葬儀・告別式・火葬といった一連のセレモニーを執り行う、最も選ばれているプランとなっており、一般の葬儀と比べて規模は小さくなりますがその分、低価格で行える家族中心の葬儀スタイルとなっています。

プラン内容・詳細などはコチラをご覧ください。

最後に

最近では無宗教の方も多く、お別れ会という形で執り行われることもあります。
お経はありませんので、故人が好きだった音楽やDVDなどを流しながら、お焼香をし、故人を偲んで生前の思い出話をしながら見送ります。

日本人はあまり死について縁起が悪いといって、生前に相談することはありませんが、近年、エンディングノートなども売られており、自分でプロデュースすることもできます。

葬儀はお金をたくさんかけることもできますが、かけなくても故人、遺族とも満足できる葬儀も行えると思います。

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談