コラム

お葬式のアクセサリーで、なぜ真珠だけが許されるようになったのか

お葬式のアクセサリーで、なぜ真珠だけが許されるようになったのか

お葬式に参列する場合のアクセサリーは真珠のネックレスと思い浮かぶのではないでしょうか?

お葬式では真珠以外の宝石をつけることはマナー違反ですが、なぜ真珠はつけてもよいのか、その理由について説明いたします。

弔事に身につける宝石とは?

お葬式に参列する場合の装飾品は、本来結婚指輪(婚約指輪)以外は身につけないのがマナーとされていました。

では、なぜアクセサリーをつけるようになったのでしょう。

それは「洋服はアクセサリーをつけて初めて完成される」と言われており、正式にドレスアップすることが故人や遺族への敬意の表しとなるためです。

本来、弔事において、身につける宝石はモーニングジュエリーと言われています。喪の宝石という意味です。

イギリスのビクトリア女王がアルバート公の喪に服した際、ジェットで装われたところから広まったと言われています。

ジェットとは、樹木の幹そのものの化石で独特の温もりがあり、軽くやわらかく加工しやすいという特徴があり、宝石言葉は「忘却、動揺の沈静化」争いや怒り、困惑などの束縛から苦しむことなく開放されるようになると言われています。

ジェットの他には、オニキス、黒珊瑚もモーニングジュエリーと言われており、いわゆる黒い宝石は身につけてよいとされています。

なぜ、真珠をつけるようになったのか?

お葬式につけるアクセサリーとして、真珠をつけておられる方が多いですが、真珠が認められるようになったのは、どうしてでしょうか?

それは、現在のイギリスのエリザベス女王がチャーチル元首相の葬儀に参列する際に、真珠を身につけていたのが始まりと言われており、また次のような意味をもっています。

「月の涙」「涙の象徴」「清い涙」

派手さも控えめで落ち着いた美しさが、フォーマルのイメージに合っていたために着けても良いと言われるようになりました。

真珠のネックレスについての見解

真珠のネックレスをつけることに対しての見解が2つあり、それぞれに理由があります。

1つは、真珠のネックレスをつけるのが必須という見解です。

欧米のマナーにおいて、厳粛な儀式において、ノーアクセサリーは失礼にあたってしまうという考え方から来ています。男性のスーツの際にネクタイがあるように、女性の洋服に真珠が必要という考え方です。

一方、真珠のネックレスはどちらでも良いという見解です。

日本は元々和服文化でしたので、アクセサリーをつけないのが基本でした。何事も控えめが大切という考え方から来ています。

と言っても、地域やその家の風習によって考え方によって、千差万別です。その家の風習に合うアクセサリーを準備しておきましょう。

真珠は白か黒か?

葬儀の場で目立たない黒真珠が正式だという考え方もあるようですが、黒真珠は白真珠よりも光沢があり、すごく派手な印象なのでふさわしくないとされている地域もあります。

日本の喪服のルールは、皇室に倣っているところがあり、皇后さまが葬儀に参列される際に白真珠をつけておられたので、どちらかというと白真珠の方が無難です。

また、白真珠の方が冠婚葬祭どちらにも使用でき、黒真珠よりも安価で購入が可能な面もあります。

購入されるなら白真珠が使い回しができるのでオススメです

真珠のアクセサリーをつける際の注意は?

真珠のアクセサリーをつける際に、ネックレスとイヤリング・ピアスの両方を着けると、華やかな印象を与えてしまうので、避ける方が良いでしょう。

どうしてもつけたい場合でもピアスは一般的にNGという考えが多いようです。

イヤリングを着ける場合には、耳にぴったりつき、土台に1粒ついたシンプルな物で、金具は金色でなく銀色の物にしましょう。

ブローチも控えめな装いであれば構いませんが、土台は銀色の物で真珠が1粒か3粒までの物にしましょう。真珠と一緒に光る宝石がついている物はNGです。

ネックレスの珠の大きさは7~8mm程度までにし、必ず1連の物を着けます。なぜかというと、2連のネックレスは「不幸が重なる」ということから、弔事ではNGとされています。

また、長さもロングタイプのものは派手に映り、悲しみが長引くと言われ、42cmが一般的な長さです。

葬儀に好ましいのはネックレスだけ

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談