コラム

お葬式にどうしても出席できない、欠席する際の連絡や弔電について

お葬式にどうしても出席できない・欠席する際の連絡や弔電について

突然の訃報を聞いたときに、通夜・告別式にどうしても出席できない場合などがあると思います。

断るのは失礼なのではないかと感じてる人は多いと思いますが、やはりやむを得ない事情などは誰にでもあるものです。その際に、どのような対応をすれば失礼がないのかをご説明していきたいと思います。

葬儀に出席できない、欠席する際にすること

参列できないことを知らせる

通夜、告別式に参列できない時にはまず参列できないことを知らせるのですが、遺族は葬儀の準備で忙しいので、参列できない理由を添え丁寧に弔意をお伝えしましょう。

会社関係などの場合、参列される人に託して、弔意とともに伝言してもらってもいいでしょう。

通夜だけ参列する場合は、「申し訳ございませんが、やむを得ない事情がありまして告別式にはお伺いできませんので、お通夜には参列させていただきます。」と伝えましょう。

葬儀に参列する場合は、連絡の必要はありません。

どちらとも欠席する場合は、「申し訳ございませんが、あいにくやむを得ない事情がありまして、参列できません。」と伝えます。親しい間柄やお世話になった方なら「後日改めてお伺いいたします。」と、弔問することを申し添えてもいいでしょう。

弔電を打つ

次に弔電を打って、弔意を表します。

訃報を聞いて、参列できないとわかれば、なるべく早く、通夜式に届くように弔電を打ちましょう。NTTの電報だけでなく、郵便局のレタックスやインターネットで電報を扱う会社もあります。

弔電を送った後には、すぐに香典を送り、お悔やみの言葉と参列できないお詫びを述べ、必要であれば事情を簡単に説明します。
その際には香典は不祝儀袋に入れて、現金書留で送るようにしましょう。

供花か盛籠

故人と親しかったのに参列できない場合は供花か盛籠を出しましょう。

一般的には親しい友人、会社や仕事の関係であれば供花、血縁関係にあれば盛籠にされることが多いです。

頼む場合は葬儀を行っているお寺や葬儀会館、葬儀社へ連絡します。代金は後日、振込の手続きがとれるように確認をしておきましょう。

代理を立てる

代理を立てられる場合は友人や家族に代理として参列してもらう方法もあります。

代理の人は故人と面識がなくても大丈夫です。記帳は当人の名前と、その下に「代理」と書き、後日、改めて弔問に伺えるとなおいいでしょう。

後日弔問

葬儀に参列できなかった場合、できれば後日弔問に伺いましょう。

この際、49日まではいろいろと忙しいので、49日を過ぎた頃の時期に伺うようにし電話で都合のいい日を確認します。

49日を過ぎたからといって、長居はせずに早めに退去するようにしましょう。また香典を渡していても、故人に供えるお菓子や花を持参するようにしておくといいでしょう。

慶事と葬儀が重なった場合

もし慶事(結婚式)と葬儀が重なった場合は、葬儀を優先することが一般的です。

結婚式に欠席したとしても、その後にまた会うことができますが、葬儀は故人との最後のお別れになるという理由からです。

しかし、その際には故人との関係性を考えて選択してもいいかもしれませんね。また妊娠中でも体調が良いのであれば、葬儀に参列しても差し支えはありません。

年賀欠礼で訃報を知った場合

最近では家族葬が増え、家族のみで葬儀を行い、年賀欠礼のお知らせで知ることがあります。

その際には、年賀状を出す前であれば、参列できなかった謝罪と弔問に伺いたい旨を書いたお悔みの内容を出すようにしましょう。もし普通に年賀状を出してしまった場合はおわび状を書くのですが、その際に年賀状を出した失礼とお詫びを書くようにしましょう。

お悔み状は遅くとも初七日までに届けるようにし、時候のあいさつは省き、主文から書きはじめます。
理由については、慶事(出産、結婚式など)の場合は「やむを得ない事情」、遠隔地の場合は、「遠路につき」「遠路ままならず」、体調不良の場合は「療養中で」と書きます。

決まりごととしては、はがきではなく必ず封書にし、便箋は白無地の物を選びましょう。封筒は一重の物を選びます。

流れとしては、訃報を知った驚き、悲しみを書き、その後、お悔みの言葉、遺族への慰めと励ましを書き、弔問にいけないことのお詫び、香典を同封する旨を書き添えます。

以下によく使われる表現をご紹介させていただきます。

  • 謹んでご冥福をお祈り申し上げます
  • ご永眠の報に接し、なんとお慰めすればよいのか言葉も見つかりません
  • ご急逝されたとのお知らせを受け、心よりお悔やみ申し上げます
  • どうかご落胆のあまり、お身体に障りませんよう、ひとしおご自愛くださいますようお祈り申し上げます
  • さぞご無念のことと拝察します
  • お嘆きいかばかりかと、胸が痛みます
  • どうか、一日も早く元気を取り戻されることをお祈りするばかりです

亡くなってから日付がかなり経っている場合には、いまさら御香典はと思われる時には、御線香を一緒に送るのもいいでしょう。

今は郵便局でお線香と一筆箋が入ったセットも安価で購入できますし、テレビのコマーシャルでもよく見かけるようになりました。

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談