法事・法要の傾向

近年の法事・法要の傾向について

最近は法事・法要に対する考え方も変わりつつあります。
盛大に行うことよりも、質素ながらも心のこもった法事・法要を行うことに意味があるという考えであったり、法事・法要の当日に行わなくていいなど、お客様が考えているよりも難しくないことが多いのです。
ここではそんなに近年の法事・法要の傾向についてご説明いたします。

法事・法要は90%以上の方が行われています

法事・法要を行った方 90%以上法事・法要を行った方 90%以上

縁で行っているアンケートによると、90%以上の方が法事・法要を行ったと回答されました。
お葬式後の法事・法要を「一周忌法要」までされた方が最も多く、法事・法要はするというのが当たり前という考えではあるように思えます。
もちろん、ご家庭によって法事・法要をされないところもありますので、以下で紹介します傾向の方も参考にしていただければと思います。

法事・法要が必要だと思っている人は35%

不要または必要か分からない 65%不要または必要か分からない 65%

法事・法要を90%以上の方が行うと答えた一方で【法事・法要は必要だと思いますか?】というアンケートに対しては「不要」または「必要か分からない」と答えた方が65%と半数以上でした。実際に法事・法要をされる方はいても、必要なのかどうか疑問に思っている人が多いようです。
確かに儀式や形式上必要ではあるとされていますが、それ以上に故人を思う気持ちが大事だというご意見も多くよせられています。「法事を行わないがお墓参りや仏壇へのお供え物などはしっかり行う」という方も沢山いらっしゃいました。

法事・法要を行った方の理由

法事・法要を行った理由 法事・法要を行った理由が50%法事・法要を行った理由 法事・法要を行った理由が50%

無宗教の世帯で法事・法要を行った理由をお聞きすると「故人や親族の意思」で行った方や「故人をちゃんと供養したかった為」といった理由で行った方が多い中、「親戚やご近所での手前必要であった為」といった声もいただきました。
世間体から考えても最低限「一周忌法要」まではされるというのが一般的になりつつある傾向の様です。

法事・法要は質素に行った方の割合は80%以上

法事・法要は質素に行った方 80%法事・法要は質素に行った方 80%

法事・法要はお布施の他にも、親族一同へのお料理や返礼品など数十万の費用をかかるのが一般的でしたが、最近は質素な法事・法要が主流になりつつあります。
費用をかけなくとも、故人を偲ぶ気持ちを大切にした、心のこもった法事・法要であれば良いという考えの方が増えつつあるからなのでしょう。

法事・法要のコンテンツ

お気軽にご相談下さい

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談