法事・法要の寺院手配

定額葬儀縁の寺院手配 45,000円から定額葬儀縁の寺院手配 45,000円から

縁なら目安を設けたお布施料金

縁なら目安を設けたお布施料金で法事・法要を行っていただける寺院様を手配いたします。お布施は「喜んで施 します」ということなので、「精一杯、施します」という気持ちが大切だと言えます。ですから「定額設定」や「統一」をするべきではありません。50万円の葬儀のお布施を安いと思われる方もいれば、10万円布施するのが精一杯の人もいらっしゃいます。ですから、弊社では、目安を設定しておりますのでどなたでも安心して寺院様をご依頼いただけます。

初七日法要の寺院手配

初七日法要は、故人が無事に三途の川を渡れるように供養するための法要となります。宗派によって考え方は様々ですが、亡くなられてから七日目が初七日となります。
一般的な数え方は、亡くなられた日を1日目とし、7日目が初七日法要の日になります。地域によって日数の数え方が違うところもございますので、葬儀社の担当者に確認しましょう。
行う日は決まっていても、近年初七日法要は葬儀と同日に執り行う形で供養を行うことがほとんどです。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
葬儀と合わせてご依頼いただくのがスムーズです
縁では葬儀と合わせて、初七日法要の寺院手配をご依頼をいただくことが多くございます。
葬儀前からでも、法事・法要で不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

四十九日法要の寺院手配

四十九日法要は、亡くなってから49日目に行う大切な法要です。
7日毎に閻魔大王の裁きを受け、極楽浄土に行けるか判決が49日目に下されます。そのため、四十九日法要は最も重要で、法要の規模も大きくなります。
直前で慌てることのない様に、葬儀後出来るだけ早く日時、式場の手配を行い、僧侶の手配を済ませましょう。
この法要では、お葬式で作られた白木の仮位牌から本位牌へ魂を移します。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • 開眼法要
  • 仮位牌引き取り
  • お焚き上げ
  • 納骨法要
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
葬儀が少し落ち着いたタイミングでご依頼下さい
縁では葬儀が落ち着いて数日後に、寺院手配をご依頼をいただくことが多くございます。
葬儀はもちろん、葬儀後も縁は様々なサポートを行っておりますので、不明な点等ございましたら、お気軽にご相談くださいね。

一周忌法要の寺院手配

一周忌法要は、亡くなって満一年の命日に行う年忌法要です。
年忌法要の中では、最も重要な法要となり、僧侶による読経、遺族及び参列者で焼香のあと、精進料理でおもてなしをします。
七回忌以降は規模が小さくなるのが一般的ですが、三回忌までは親族や知人、故人様の友人などを招いてしっかりとした法要を行います。
命日に一周忌ができない場合、先送りではなく、1ヶ月程度前倒しに行うようにしましょう。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • 開眼法要
  • 納骨法要
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
日時と会場が決まりましたらお早めにご依頼下さい
会場や案内状など準備も多く必要になってきますので、日程と会場が決まりましたらお早めに寺院の手配をされることをおすすめいたします。大安や仏滅、友引などの「六曜」が気になる方も多いようですが、仏教思想とは関係がないので特に気にする必要はございません。

納骨法要の寺院手配

納骨(のうこつ)法要とは、お墓に故人の遺骨を納める為に行う法要です。いつまでに納骨しなければならない決まりはありませんが、一般的にお墓が既にある場合、四十九日の法要に合わせて納骨される場合が多いです。
また、お墓を動かしたり、名前を彫る必要などがある場合もございますので、納骨される墓地や霊園、石屋さんにも連絡をしましょう。新しくお墓を建てて納骨する場合は、開眼法要と合わせて納骨法要を営みます。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
納骨法要に期限はございません
お墓が決まらなかったり、気持ちの整理がなかなかつかなかったりと、遺骨を数年間にわたってご自宅に置かれる方もいらっしゃいますので、お時間がかかってもご自身、ご家族が納得できるタイミングで納骨されることが大切です。

開眼法要の寺院手配

開眼(かいげん)法要とは、仏壇やお墓、位牌などを新しくする際に、僧侶を招いて読経をしていただくことです。
新しいお墓や仏壇や位牌を用意した段階では、それらはまだ入れ物の状態です。開眼法要によって仏壇や位牌・お墓は、初めて信仰の対象となります。
宗派によっては仏壇開き、入魂式とも言い、物に魂を込めるという概念が無い浄土真宗の場合などは、故人の魂の変わりに阿弥陀さまをお迎えする「入仏法要(にゅうぶつほうよう)」(本願寺派) 「御移徙(おわたまし)」(大谷派)を行うのが一般的です。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
新しく仏壇やお墓、位牌をご用意された際にご依頼下さい
縁では開眼法要の際の寺院手配は、新しく仏壇やお墓、位牌をお買い上げになられた際に、ご依頼をいただくことが多くございます。四十九日などの節目に合わせて開眼供養をする際は、仏像をお迎えするという慶事と弔事を続けて行うことになります。

初盆・新盆・お盆の寺院手配

お盆は8月15日頃に行われる祖先の霊を供養する行事です。一部の地域では7月15日頃に行う所もございます。初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)は、告別式を終え四十九日が過ぎて初めて迎えるお盆です。
正式名称は「盂蘭盆会(読み:うらぼんえ)」と言い、一般的に「年に一度祖先の霊が帰ってくる期間」として、迎え火を焚き、先祖の霊を迎え、期間中に僧侶を招いてお経や飲食などの供養を行います。

以下全ての内容が含まれています
  • 読経・法話
  • お膳料
  • お車代
  • 心づけ
  • 宗派指定料
初盆・新盆・お盆の寺院手配はお急ぎ下さい
縁でも初盆・新盆・お盆の寺院手配は予約が大変混み合いますので、おおよそ2ヶ月前から準備をされることをおすすめいたします。また、初盆・新盆は呼び方が違うだけで、意味合いは同じになります。関西や九州では初盆、関東では新盆と呼ばれることが多い傾向にあるようです。

法事・法要のコンテンツ

お気軽にご相談下さい

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談