海洋散骨

縁の海洋散骨 55,000円(税込)縁の海洋散骨 55,000円(税込)

縁の海洋散骨とは?

縁の海洋散骨(かいようさんこつ)サービスは、お客様より散骨の委託を受けてお預かりしたご遺骨を、ご家族に代わって海へ散骨いたします。
海洋散骨はお墓を建てる必要もなく、近年「宗教やしきたりにしばられたくない」「金銭的な負担をかけたくない」「自然に還りたい」といった理由で選ばれる方が増えています。

縁の海洋散骨は、必要なサービスを全て含んで55,000円(税込)でご利用いただけ、追加料金は一切いただいておりません。

  • 全国エリアに対応

    日本全国各地からの海洋散骨のご依頼を受付けております。郵送にてお預かりしたご遺骨は責任をもって、大切に散骨をさせていただきます。

  • 追加料金一切不要

    縁の海洋散骨は必要な全ての物品・サービスが含まれておりますので、追加料金は一切いただいておりません。

  • 負担が少ない

    海洋散骨は新しくお墓を建てることなく、維持・管理費用などの心配もありません。金銭的な負担が非常に少ないことからも海洋散骨は選ばれています。

  • 宗教やしきたり縛られない

    お墓は宗教上の施設とされており、無宗教の方や宗教やしきたりにこだわりがない・縛られたくない方は、お墓を建てるが必要ないのです。

海洋散骨はこんな方におすすめです

  • ・お墓がない、新しくお墓を建てる費用がない
  • ・お墓の管理ができない
    (お墓が遠方にある、時間がない、ご高齢である、病気・持病などがある)
  • ・お墓に埋葬したくない
  • ・子供にお墓のことで負担をかけたくない
  • ・身寄りがいない、自分のお墓がない
  • ・故人は海が大好きだった
  • ・自然に還りたい、海の一部となりたい

縁の海洋散骨に含まれるもの

散骨代行費 セレモニー、散骨、献花、献酒、黙祷を代行いたします。
写真撮影 散骨時の様子を撮影いたします。
粉骨作業他社は別料金 ご遺骨を細かくする作業(粉骨)を行ないます。
水溶性の袋 粉骨後にご遺骨を包む水溶性袋をご用意いたします。
骨壷処分 粉骨後の不要になった骨壷を弊社で処分いたします。
(骨壷の返却はいたしません)
献花用のお花 散骨の際の献花をご用意いたします。
献酒用のお酒 散骨の際の献酒をご用意いたします。
献水用のお水 お清めの為の献水をご用意いたします。
散骨証明書 散骨証明書を作成し、後日お客様へとお届けします。
散骨アルバム 散骨の様子を撮影し、まとめたアルバムを作成します。
(散骨証明書と一体になっています)
遺骨発送料金他社は別料金 ご遺骨をお預け頂く際の送料が含まれております。
(着払いで発送していただき、弊社が負担いたします)
洗骨作業他社は別料金 お墓や納骨堂に埋葬されていたご遺骨を洗骨いたします。

海洋散骨のお申込みの流れ

  • その1
    無料ご相談もしくはご依頼

    海洋散骨のご依頼をお申込みください。
    その他にも海洋散骨に関する不明な点や、ご相談を無料で受け付けております。
    お電話もしくは、WEBからのフォームよりお申込みください。

  • その2
    ご遺骨と証明書の発送先をお伝えします

    当社よりご遺骨と証明書のコピーの発送先をメール、FAX、郵送いずれかより、お伝えいたします。

  • その3
    お支払い

    お支払い方法は、クレジットカード決済もしくは、銀行振り込みのどちらかよりお選びいただけます。銀行振込をお選びいただいた場合、10日以内(土日祝を除く)にご入金いただきますようお願いいたします。

  • その4
    証明書の用意

    ご遺骨の証明書(火・埋葬許可証、死亡届出書、改葬許可証、除籍謄本のうちいずれかのコピー)と、ご依頼者様の身元証明書(健康保険証、運転免許証、住民票、戸籍謄本のうちいずれかのコピー)の2点の証明書のコピーをご用意ください。

  • その5
    ご遺骨と証明書を送る

    ※必ずご入金後に発送していただきますよう、お願いいたします。
    ダンボール箱にご遺骨と証明書のコピー2点(遺骨の証明書とご依頼者様の身元証明書)を梱包し、 お伝えいたしました発送先まで「ゆうパック着払い」で発送してください。
    (ゆうパック以外の他の宅配業者では断られる場合があります)

  • その6
    ご遺骨を粉骨

    お預かりしたご遺骨を2ミリ以下の粉末状に粉骨し、水に溶ける袋に詰め海洋散骨の準備を行います。

  • その7
    散骨日時確定の連絡

    散骨はご遺骨が7柱(7名様分)集まりしだい行います。
    散骨日が決定しましたら当社より、お客様へご連絡させていただきます。

海洋散骨の実地(当社スタッフが行います)

  • その1
    出港

    出港前に船長が天候や海況を見て判断し、最適な散骨場所を決定します。
    ※天候や海況によっては、日程を変更する場合もございます。

  • その2
    散骨

    出港後、20~30分程度で散骨地点に到着し、お預かりしたご遺骨を散骨いたします。
    散骨の様子は撮影し、終了後に散骨証明書がついたアルバムとしてお客様へお届けいたします。

  • その3
    献花・献酒・献水

    散骨用にご用意した、美しいお花を献花し、引き続いて、献酒・献水を行います。

  • その4
    黙祷

    スタッフ一同で故人様を思い、静かに黙祷を捧げます。

  • その5
    帰港し、散骨証明書・アルバムを発送

    ゆっくりと海域から離れて帰港いたします。
    海洋散骨の終了後日、散骨の様子を撮影し、散骨証明書をお付けしたアルバムを発送いたします。
    散骨証明書には散骨日付、散骨ポイントの位置情報(北緯・東経)が記されています。

海洋散骨に関する質問一覧

縁の永代供養について

火葬後であればすぐお受けする事は可能ですが、火葬されていない状態ではお受けすることができません。

一般的は、四十九日、1周忌、お盆、お彼岸の時期に合わせてご依頼される方が多いです。

宗教での問題は特にございません。
海洋散骨は故人様や、ご遺族様の意思に沿って行うものなので、比較的自由な埋葬方法です。

縁ではご遺骨が7柱(7名様分)集まりしだい散骨を行います。
ご依頼された時点で何柱集まっているかで変わってきますが、おおよそ1週間~3ヶ月程度とお考え下さい。
散骨日が決定しだい当社より、お客様へご連絡させていただきます。

申し訳ございませんが、詳細な散骨場所の指定はできません。

可能ですが、プラン費用とは別途費用(船のチャーター費用、ガソリン代、保険料等)をお客様に負担していただくことになります。
詳しい費用など、詳細はお電話でお問い合わせください。

費用について

縁の海洋散骨では、必要なサービス・物品などを全て含めて55,000円(税込)がお支払い頂く総額となりますので、追加費用などは一切いただきません。

お一人で55,000円になりますので、2人で合計110,000円になります。

お客様の都合でキャンセルされた場合、お支払いいただいた全額がキャンセル料となります。
※散骨済の場合、キャンセルはできません。

ご遺骨を発送済の場合、キャンセルされた時点でのご遺骨を返還いたします。
ご遺骨を粉骨済の場合、粉骨された状態のご遺骨の返還となります。
※散骨済の場合、キャンセルはできません。

その他・手続きについて

海洋散骨は違法にはなりません。
現状、散骨について述べられた法律はなく、法務省からも「節度をもって葬送の一つとして行われる限り違法ではない」とされております。

通常、海洋散骨の場合は、役所の手続きは特に必要ありませんが、お墓に埋葬されているお骨を散骨する場合には、お墓や役所で改葬許可証を求められる場合もございます。
詳しくは、お墓の所在地を管轄している市区町村役所と霊園管理者の両方へお問い合わせください。

必ず必要です。
ご遺骨とご依頼者様の身元を証明する書類として、証明書のコピーをご提出していただけない場合は、ご依頼を受けることができません。

ご遺骨の送り方

郵送の場合は「ゆうパック」での郵送になり、以下の手順に沿ってご遺骨を梱包していただいた後、「ゆうパック着払い」で指定の発送先へ郵送してください。
ご遺骨を郵送でお送り頂くこと自体は違法でないのでご安心してご利用ください。

※送付先につきましては、ご依頼時に弊社よりご連絡いたします。
※各証明書をご用意いただけない場合、郵送いただきましてもお受けすることができませんのでご注意ください。

ご用意いただくもの

・ダンボール箱 (骨壷を入れられる大きさのダンボール箱をご用意ください)
・ガムテープ (骨壷の蓋やダンボール箱を塞ぐために使用します)
・油性マジック(骨壷に故人様の名前を記入していただくために使用します)
・新聞・タオル等(骨壷とダンボールの隙間に詰める緩衝材として必要です)
・ご遺骨の身元証明書【重要】
(火・埋葬許可証、死亡届出書、改葬許可証、除籍謄本のいずれかのコピー)

・ご依頼者様の身元証明書【重要】
(住民票、戸籍謄本のいずれかのコピー)

ご遺骨の梱包手順

  • 1. 骨壺に溜まった水を抜く

    お墓や納骨堂に収められていた骨壷は、雨水などが溜まっていることがありますので、骨壷を傾け、ご遺骨がこぼれないように注意して水抜きを行います。
    自宅安置などで水が溜まっていない場合は必要ありません。

    骨壺に溜まった水を抜く骨壺に溜まった水を抜く
  • 2. テープで蓋を止める

    骨壷の蓋が開かないように、ガムテープで蓋をしっかり止めます。

    テープで蓋を止めるテープで蓋を止める
  • 3. 故人様の名前を壺に記入する

    トラブルを防ぐため、骨壷もしくは、ご遺骨の入れ物に故人様のお名前をご記入ください。
    (テープ等にご記入していただき、骨壷に貼っていただいてもかまいません)

    故人様の名前を壺に記入する故人様の名前を壺に記入する
  • 4. 骨箱もしくはダンボールに入れる

    ご遺骨をダンボールもしくは、骨箱がある場合は、箱に戻します。

    骨箱もしくはダンボールに入れる骨箱もしくはダンボールに入れる
  • 5. ダンボール箱に骨箱を詰める

    ご遺骨を郵送するダンボールに入れ、隙間がないように緩衝材(新聞・タオル等)を詰めます。
    ※水抜きしたご遺骨は水分が漏れやすいので、必ずタオルや布を骨壷の下に敷いてください。

    ダンボール箱に骨箱を詰めるダンボール箱に骨箱を詰める
  • 6. 証明書のコピーを同梱

    証明書のコピー(ご遺骨の証明書とご依頼者様の身元証明書の2点)を封筒に入れてを同梱してください。
    ※証明書をご用意いただけない場合は、郵送いただきましてもお受けすることができませんのでご注意ください。

    証明書のコピーを同梱証明書のコピーを同梱
  • 7. ガムテープで梱包し、着払いで発送

    ガムテープでしっかりダンボールを梱包をしてください。
    箱の横に持ち手など穴が開いている場合は塞いでください。
    ※発送は「ゆうパック」の着払いで発送してください。(送料は弊社が負担いたします)

    ガムテープで梱包し、着払いで発送ガムテープで梱包し、着払いで発送
お気軽にご相談下さい

ページトップ

電話番号をタップすると電話がかかります 0120-167-194
メールで相談